【電話で予約•相談】タップで電話がかかります 営業時間:10時~20時 定休日:火曜・日曜 0120-774-976

京都の整体ピンポイント HOME > 知っ得健康豆知識
> アイシングの重要性

アイシングの重要性

スポーツの現場では、よく使われているアイシング。
実はスポーツだけでなく、寝違い・ぎっくり腰・捻挫など急性の痛みや、
疲労回復等にも(慢性の痛みにの軽減にも)効果的です

アイシングの効果は?

①、冷やすことで炎症の起きた患部の血管の収縮をさせてはれを抑え、
痛みを軽減させ、再発を防ぐ効果があります。

②、収縮した血管がその後拡張することで、
疲労回復・新陳代謝の促進されます。

野球が好きな方、ピッチャーが投げ終わった後、疲労回復のために
しているのは、アイシングです。

温めたらだめなの?

ぎっくり腰の方でも書きましたが、ねんざ・打ぼく等の炎症が起こって、

熱をもった状態の時に温めたらどうなるかわかりますよね?

なのでお風呂・飲酒・運動も同様にしてはいけません。

どうやって冷やせばいいですか?

氷が一番の効果があると思います。

「湿布はダメ?」

と聞かれる事が多いですが、
残念ながら、あまり効果を期待できません。

確かに冷湿布を貼るとヒヤッとして
カラダの表面は冷たく感じて効いた気がしますが、

炎症の起きた患部深部までは届いているかというと疑問ですし、
2~3時間も経つと湿布自体が体温で温かくなり、
反対に温める事になるので、逆効果になると思います

業務用のアイスパックもありますが、結構高いので、
家庭で簡単に作れて、しかもタダで作れる氷水(又は保冷剤)をオススメします。

アイシングの方法

一、まずビニール袋を用意します。
(穴の開いてない物なら何でも可)
あまり水を入れすぎると、すぐに解けてしまうので少なめにするか、水を捨てることをオススメします。

二、その中に氷と水を入れ、氷が融解する0度にする
(この時に熱を奪う)

二、袋をしばって患部にあてる

患部に当てる時間は25分が理想とも言われていますが、通常は10~20分程度を何度もくり返すといいと思います。
(あまりにも冷たい、感覚がなくなったと感じた場合は一度外してください)

お問い合わせについて

京都 烏丸御池の整体サロンピンポイントはこちら

アクセスマップ


大きな地図で見る

▲ トップページに戻る ▲

初めての方へ border=

メディアに多数掲載 border=

マッサージ・整体口コミ広場クチコミランキング京都1位

*症状別メニュー*

プロの整体師からの推薦の声

子連れで行ける整体

京都地域貢献

*婦人科系の不調*

*上肢の不調*

*下肢の不調*

*スポーツ障害*

*自律神経系、その他の不調*

京都の整体ブログ

*お役立ち情報*

*営業案内*

毎月新規の受付は20名限定です。
※申し訳ございませんが、現在通われている方々おひとり、おひとりに最善の施術プランを提供している為、定員を越えた場合お断りする事があります。

整体のネット予約 整体サロンピンポイント
■京都府京都市中京区室町二条
下ル蛸薬師町280
コガフラット203
■営業時間 10時~20時
(最終受付~19時)
■定休日
 火曜日 、日曜日

0120-774-976

又は、075-212-3936

*当サロンについて*

0120-774-976

▲一番上へ戻る