【電話で予約•相談】タップで電話がかかります 営業時間:10時~20時 定休日:火曜・日曜 0120-774-976

京都市の整体ピンポイント HOME > ぎっくり腰
>  ギックリ腰になったときの予防法

ギックリ腰になったら

ぎっくり腰(ギックリ腰)の対策・解消法

「魔女の一撃」とも呼ばれるぎっくり腰。

症状がひどいと動くことができないくらいツライ症状です。
さて、

そういった時、どうしたらいいのか?

この処置を間違えると症状の慢性化・悪化の原因となりますので、下記を参考にしてください。

治療として安静を指示してはいけない。

活動性を出来る限り維持してもらう。できるだけ今まで通りの生活を続ける。
(ヨーロッパ急性腰痛治療ガイドラインより)

ギックリ腰になったらとにかく安静にすることが日本では常識ですが、

世界では安静にしていると回復が遅くなる

というのが常識です。

出来る限り(痛みのない範囲で)動くことで約2週間ほどで
ほぼ普通に動けるようになります。
逆に安静にすれば、1ヶ月以上になることもあります。

注意する事

痛みを我慢して動く事は、避けてください。

我慢して動く事でその部分をかばい、カラダが自分自身を守ろうと補正し、
カラダがゆがんでしまいます。出来る範囲で動くことをこころがけてください。

クッションを使って痛みを緩和

ぎっくり腰は筋肉の痙攣(けいれん)のようなものなので、
胸の下にクッションを入れてうつぶせになったり、
仰向けで膝の下にクッションを入れて寝ることで痛みが緩和されます。

あと、起き上がるときは、仰向け・うつ伏せ時共にバッと起き上がらず、

仰向けの時は、横に転がって起きる
うつ伏せの時は、背中を丸くしてゆっくり起き上がる

ようにしてください。

アイシング

温めてはいけません。(ぎっくり腰のは腰のねんざしたのと一緒です。
捻挫をすると患部は炎症が起こり、赤くはれ熱を持ちます。
この時あなたは温めますか?温めませんよね?)

ちなみに湿布(シップ)で冷やそうと考えている方、
あまり効果ありませんよ!

氷水(アイシング)が一番です。  アイシングのやり方は →→→

お問い合わせについて

京都 烏丸御池の整体サロンピンポイントはこちら

アクセスマップ


大きな地図で見る

▲ トップページに戻る ▲

初めての方へ border=

メディアに多数掲載 border=

マッサージ・整体口コミ広場クチコミランキング京都1位

*症状別メニュー*

プロの整体師からの推薦の声

子連れで行ける整体

京都地域貢献

*婦人科系の不調*

*上肢の不調*

*下肢の不調*

*スポーツ障害*

*自律神経系、その他の不調*

京都の整体ブログ

*お役立ち情報*

*営業案内*

毎月新規の受付は20名限定です。
※申し訳ございませんが、現在通われている方々おひとり、おひとりに最善の施術プランを提供している為、定員を越えた場合お断りする事があります。

整体のネット予約 整体サロンピンポイント
■京都府京都市中京区室町二条
下ル蛸薬師町280
コガフラット203
■営業時間 10時~20時
(最終受付~19時)
■定休日
 火曜日 、日曜日

0120-774-976

又は、075-212-3936

*当サロンについて*

0120-774-976

▲一番上へ戻る